<< 商店街にサテライトキャンパス | main | ミュージアムMF NY5番街 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

「ゲゲゲ」の鬼太郎

「ゲゲゲの鬼太郎」の「ゲゲゲ」の意味を初めて知った。

作者である水木しげるが子どもの頃につけられたあだ名から来ているという。こないだラジオを聴いて知ったのだった。「墓場の鬼太郎」という作品が、テレビ放送が決まった際に、墓場ではまずかろうということで「ゲゲゲ」に替えたのだと。

この「ゲゲゲ」の疑問は、僕が幼少の頃抱いていたものだ。当時鬼太郎のシャンプーが風呂場にあって、「ゲゲゲの鬼太郎」のテーマ曲を母が歌いながら僕の体を洗ってくれたのだ。そのとき「ゲゲゲ」って何なのか聞いた覚えがある。すると母は「ゲゲゲ」の部分を強めて「ゲゲゲの鬼太郎だよ」と言って、テーマ曲を引き続き歌いだしたのだ。見事に煙に巻かれたのだが、それ以降僕は「ゲゲゲ」の意味を知ろうとしなかった。というよりそんなことを思うことすらなかったのだ。

こういうことって、もしかしたら他にもありそうな気がしてきた。
あらいさとる * たわいもないこと * 20:44 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:44 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ