<< 文殊堂春祭り | main | 新宿にも500円のスピード写真 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

元伊勢 神様の引越しロード

明日4月26日、京都府福知山市元伊勢内宮皇大神社で「元伊勢春の大祭(もといせはるのたいさい)」が開かれる。

元伊勢」って何だ?

京都府だから伊勢であろうはずはないし。かつて伊勢と呼ばれた場所だったとか? 調べてみたら、そういうことではないらしい。

今でこそ天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、三重県伊勢市神宮で祀られているが、かつては各地を移動していたという。それは単に旅行が好きだったわけではなく、神が落ち着く場所を探し求めていた時代があったようだ。紀元前のことであり、約60年間で25回以上の引越しが行われていた。その巡った地が「元伊勢」と呼ばれる。今の県でいうと、奈良、京都、和歌山、岡山、三重、滋賀、岐阜、愛知に存在する。

なぜ伊勢なのか、落ち着いた決め手が知りたい。伊勢が選ばれし地となった理由を。
あらいさとる *  ・近畿 * 23:16 * comments(0) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:16 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

住んでるところが京都にちかいので

京都観光は行くより連れて行く方です(^^そのおかげで普段絶対行かないようなお寺や お寺や お寺寺しかないやんけー となりますがやっぱ、寺院に お参りすることになります。(笑)有名どころは、どこも複数回、行ってるので、見飽きました......とならないの

From 旅行記の夢 @ 2007/04/27 8:13 AM
このページの先頭へ