<< 列島横断上空散歩道 | main | まんじゅう祭 林神社 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

路地の町 神楽坂の消火活動

細い横丁や路地の多い町は火事などが起きると、消火活動に支障が出ると思われているが、必ずしもそうではないらしい。

先月19日に神楽坂のかくれんぼ横丁で火災が発生した。消火活動は困難を極めると思われたが、町全体に燃え広がることもなく、最小限に食い止めている。

町の魅力を失わず、安全に配慮した町づくりはできるということのようだ。

狭いから火事が起きたら大変だ、散歩する人よりクルマが走りやすい大きな道を作ろうとする動きがあるが、そんな考えにとらわれることはないのかも。町づくりにおいて、クルマよりも人優先の道が重要なのは、基本ではないかと。

神楽坂が実際に取り組んだ防火対策を知る機会が明日ある。その取り組みを知りたいですね。
あらいさとる *  ・関東 * 22:40 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:40 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ