<< 武田二十四将騎馬行列 | main | 越前時代行列 北陸街道 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

13講詣りの金曜日

明日は「13日の金曜日」。

西洋を中心とするキリスト教圏で恐れられているというイメージがある。この日にキリストが磔にされたためだと思っていたが、どうやらそうではない。それは金曜日ということだけで、13日とは決まっていないんだとか。

13日というのは別の話で、13が縁起のわるい数字らしいのだ。そういうわけで忌まわしい金曜日と13日が同じ日は最悪の日となったようだ。

しかしこれがアジアの仏教圏になると違ってくる。タイでは4月13日が釈迦の誕生日であり、元旦なのだから、非常によろこばしい日なのだ。

日本では明日4月13日から、福島県河沼郡柳津町の円蔵寺菊光堂で「13講詣り」が見られるという(〜5月13日)。13歳の男子女子がお参りする日で、13日に始まり来月13日に終えるとは徹底している。

国や信仰が違うだけで、これほどまで違う意味合いになるとはね。
あらいさとる *  ・東北 * 23:56 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:56 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ