<< センバツ 静岡代表が決勝進出 | main | 全日本チンドンコンクール >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ピンクの常葉菊川センバツ優勝

センバツ高校野球大会で、常葉学園菊川高校が本当に優勝した!

静岡育ちの自分にとって、これは本当に驚きでとてもうれしいニュース。

じつは常葉学園系列の学校を受験して合格したことがある。しかし入学しなかったのだ。

常葉菊川には美術系のコースがあることで、気になったことがあったが、自分が美術に向いているのかよくわからなかった。「菊川」という地名がどこにあるのか、まったく知らなかった頃を思い出す。ジュビロ磐田の「磐田」じゃないけど、このたびの偉業により知名度は一段と上がったことだろう。

知名度といえば、静岡市にある常葉学園高校はピンクレディーの出身校。「サウスポー」という曲をご存知だろうか。「わーたしピンクのサウスポー♪」という歌詞があるのだが、常葉菊川の田中、戸狩の両投手は左投げ。もしかして予言していたりして。

それに合わせての発言なのか謎だけど、田中投手は「ピンクの手ぬぐい王子を目指す」と宣言したことがある。実際は持ってくるのを忘れてしまったらしいが。「ピンクのサウスポー」って田中投手の線が強そうだ。そうなると「せーばんごう1の凄いヤツが相手♪」とは、もちろん準々決勝の相手、大阪桐蔭の中田しかありえないだろうね。

常葉菊川ナインは今日菊川へ戻り、学校の手前でバスを降り、桜並木を凱旋し地元の人々から喝采を浴びた。決勝はチームカラーがピンクの大垣日大が盛り上げてくれたともとれる。凱旋も桜色ロード。それは静岡県の高校野球にようやく春が訪れたことのように思えてならないのだ。
あらいさとる * 野球 * 23:57 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:57 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ