<< 世田谷線 玉電100周年記念 | main | 昭和のラーメンに“千客満来” >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ゆかる日まさる日さんしんの日

明日3月4日は「三線(さんしん)の日」だそうです。三線とは三味線の形をした沖縄の楽器。この日は三線を広めるためのイベントが行われるという。

沖縄県中頭郡読谷村(なかがみぐん よみたんそん)にある読谷村文化センター(鳳ホール)では、「第15回ゆかる日まさる日さんしんの日」が開催される。「佳る日勝る日三線の日」というのは、「いい日の中でも特にいい日になる三線の日」という意味ではないかと。

この「さんしんの日」のイベントは、読谷だけでなく全国各地で行われるそうで。正午の時報とともに、沖縄本島を始め、離島、本土、海外でも、一斉に三線が奏でられるという。これ凄いイベントですね。興味をもつ人が毎年増えていったら、相当な規模になりそう。なってるのかな? あとは三線の良さが生きる曲を、世界中の人々が口ずさむようになれば最強ですね。

ちなみに読谷村へ向かうときに利用する国道58号は、沖縄本島を北上し、奄美大島や種子島を経て、鹿児島県鹿児島市まで続いている。海上でその道を実際に見ることはできないが、一本の道として存在するんだとか。
あらいさとる *  ・沖縄 * 22:45 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:45 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ