<< “自業自得”で片づける危うさ | main | おやじさんの鉄道紀行文学 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

トピック

ミクシイトラベルライターMLの支部のようなコミュニティがある。
その名もずばり“トラベルライター”。
最近できたばかりで集うメンバーも
トラベルライターML登録者がほとんどだ。
MLとたいして変わらないものになるのでは、と思われたが、
コミュニティはコミュニティで活用しがいがあると思う。

今回はそのためのトピックを立ててみた。しかもいきなり3つまとめて。
「著書発表」はこのコミュニティ参加者で著書を持つ人に
それを発表してもらおうと。
「掲載ニュース」は最近、雑誌に記事が掲載されたとか、
サイトでコーナーを持ったとか、を報告してもらおうと。
そして「講演/出演/発表会」。
ラジオ出演や写真展のお知らせなど、
それぞれの活動をここで告知してもらえたらと。

トラベルライターMLに書いて足りるものではあるが、
それぞれの活動が一目でわかりやすくなると思う。
そしてトラベルライター以外の立ち寄りの人に
知らせることが出来ればと思ったのだ。
まだ誰にも書いてもらえない。
みんなにどしどし書いてもらえたらと思う。
ミクシイやってるトラベルライターMLの人、よろしくである。

追伸。
ミクシイに関心がある僕の知人友人へ。
招待しますんで書き込むかメールをください。
あらいさとる * SNS * 23:25 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:25 * - * -

コメント

最初に書くのは何か恥ずかしいなーとか思って…(笑)
せっかくなので活用させてもらいます。
Comment by トミヨリトシヤ @ 2004/11/07 2:56 PM
トミヨリさん、ありがとう。
ミクシイのコミュニティ“トラベルライター”に
さっそく書いていただいて。

創刊されたばかりの季刊誌「バイ・ザ・シー」で
トミヨリさんのフォト&エッセイの連載が始まるんですね。
海沿いの"通り"が題材ですか。そそるなぁ〜。
「月刊ダイビングワールド」でも変わらず
精力的にお仕事されている。

ミクシイの画像つきの紹介はやはりいいですね。
書店でも見つけやすいと思うし。
あとでちら〜っと見てるだけでも楽しいし、
書いた人がどういった活動をしているのか、
つかみやすいっていうのがあると思います。
気になる人はさっそく見るべし。

季刊誌「バイ・ザ・シー」
http://www.mpcy.co.jp/html/swf/bythesea.swf
月刊「ダイビングワールド」
http://www.mpcy.co.jp/html/magazine/dw/
Comment by あらいさとる @ 2004/11/07 5:00 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ