<< W杯は国の戦いではないらしい | main | ミスねぶたも決まり、いよいよ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ポルトガルのリカルド凄すぎ

 ポルトガルのゴールキーパー(GK)リカルドが、PK戦で相手4人中3人のシュートをスーパーセーブして、ポルトガルを4強に押し上げた。唯一ゴールされたシュートも読みが当たっていた。
 リカルドは何の気なしで立っているように見え、相手が蹴る瞬間、ひらめいたら倒れこみそうな感じで右へ左へジャンプする。GKは蹴られてから反応したのでは遅いので、大抵は山を張る。ただリカルドの動きは、ただのひらめきではないように見えた。相手が蹴るギリギリまで見ているようなのだ。圧巻だったのはイングランド4人目の蹴る方向を瞬間的に修正して逆に飛んだのだ。そしてファインセーブ。何なんだこの人は。
 PK戦といえば、ウクライナのショフコフスキーやドイツのレーマンもいいGKだと思った。だけど僕の印象では、ポルトガルのリカルドの力が抜けているように思えましたね。
あらいさとる * スポーツ * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:59 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ