<< 小田急ロマンスカー長野を走る | main | 浅草の一葉桜・小松橋通り >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

一豊と千代が歩いた野根山街道

 戦国時代を背景に山内一豊その妻を描いた、NHK大河ドラマ「功名が辻」はあまり視聴率が取れていないと聞く。視聴率がとれる仲間由紀恵が出演しているにも関わらず、これはどうしたことだとか、あれがいかんとかの記事を目にするが、毎週見ている側からすれば、けっこうおもしろいけどな。少なくとも去年の「義経」よりは、毎週わくわくしながら見ている。別にみんながみんな見なくてもいいと思うけど、僕は楽しませてもらいますよ。
 「野根山街道」って大昔からあったんですね。
300人が野根山街道出発 一豊の足跡たどる

【 高知新聞フロントページへ 2006年03月30日 】

 慶長6(1601)年に山内一豊と妻、千代が最初に土佐国入りした足跡をたどる「一豊公入国ウオークラリー」が30日、安芸郡東洋町と北川村境の野根山街道からスタートした。4月1日に高知市で開幕する土佐二十四万石博の記念イベントで、高知城まで約90キロの道のりを、県内外から参加した約300人がつなぐ。
 県観光コンベンション協会などの主催。ラリーは高知城までを7区間に分け、各区間に約20―100人が参加。北川村から国道55号に入り安芸市や香南市などを経由し、高知城には1日午後に到着する予定。
 スタート地点となった野根山街道の四郎ヶ野峠から、岩佐の関所までの9キロほどのコースには約30人が参加。東洋町の田嶋裕起町長が「出発進行!」と声を上げると、参加者らは「オー!」と元気に応え、気持ちを盛り上げて出発した。
 南国市の男性(66)は「心を通じ合わせ、共に歩んだ一豊と千代の生涯に心引かれる。そんなことを思いながら最後まで歩きたい」と一歩一歩を踏みしめていた。

(下記ソースより引用)
http://www.kochinews.co.jp/0603/060330evening01.htm
あらいさとる *  ・四国 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:59 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ