<< カメレオンマン | main | クラウディハート >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ネット心中

今朝、集団自殺とみられる事件が発生した。
死んだ7人は自殺サイトで知り合ったらしい。

若者の問題にくわしいライター、
渋井哲也さんのブログに目を通してみた。

> 過去最高の人数。。。。
> 発見されてしまいました。
> しかも、これまでのネット心中で最も多い人数です。
> 止めたのですが、止めきれませんでした。
> なんといっていいかわかりません。
> ご冥福をお祈りします。

渋井さんと接点がある人が含まれていたようだ。
こういった自殺が最近また増えたが、今回はかつてない人数による自殺。
この流れはいつまで続くのか・・・・・・。

そういえば前に渋井さんの本を読んだので、
参考になればということで案内させていただく。

渋井哲也『ネット心中

「ネット心中」と呼ばれる、見知らぬ者同士が自殺する事件が起きている。
「生きづらさ」を感じる個人が、
インターネットの自殺サイトや掲示板で出会い、
自殺の計画を練り、実行に移したことに端を発する。
なぜひとりで死なないのか、なぜ見ず知らずの他人と死ねるのか、
なぜインターネットなのか、なぜ練炭自殺なのか。
そこにはまぎれもない時代の姿が映し出されている。
何らかのサインを送る自殺予備軍、全くそぶりを見せずに逝ってしまう者。
計画は私たちが予期せぬうちに執行されていくという。
身近な者に打ち明けることができない苦悩、
真の理解者は同じ思いを抱く他者だけか。
事件に関わる人から漏れる吐息。
淡々と綴られる文章を通して、今どこかで起ころうとしている
「ネット心中」をじっくり考えてみたい。
あらいさとる * 書籍 * 23:32 * comments(6) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:32 * - * -

コメント

渋井さん報道ステーションに出てましたよ。
ニュースで見た限りでは、なんで彼らが集団心中したのか私にはさっぱり分からなかったです。
ちょっと話変わって、このニュースを始めに見てから、太宰治が今20代くらいで生きてたら・・・・なんてちょっと想像してしまいます。
まあ「心中」と言う言葉で太宰とつなげただけなので、深い意味はないんですけどね。
Comment by yukio @ 2004/10/13 11:57 PM
yukioさん。
教えていただきありがとうございます。

渋井さんが出ていたのは知りませんでした。
でも今朝テレビで
渋井さんがインタビューされているVTRは見ました。

集団心中したい気持ちというのは、
渋井さんの著作を読むとだいたいわかります。

さて。僕は太宰は好きな方ですが、
太宰の心中については、あまり信用していないんです。
彼独特の美学の果てか、
人の気を惹こうとしているだけではないかと。
最期は相方に本気になられて、
無理矢理心中させられたのだと思っています。

正直僕は自殺については語れないですね。
Comment by あらいさとる @ 2004/10/14 10:48 PM
ども、私が見た渋井さんもVTRだったから、同じじゃないかな?
「心中」=「太宰」と連想ゲームのように単純に言葉が浮かんだだけで深い意味はないんです。「曽根崎心中」「心中天の網島」(この映画けっこう好きでした)なんてのも思い浮かんだりするので関係ないですね。(^_^;)
Comment by yukio @ 2004/10/15 12:19 AM
「報道ステーション」もVTRでしたか。
渋井さんはリーダー格の女性に
心中をやめるように伝えていたようですね。
太宰の件は、yukioさんが連想で書いただけでしたね。
無粋でした。
「心中天の網島」は“松竹ヌーベルヴァーグ”の旗手、
篠田正浩監督作品ですね。 
実はこの監督の作品は観たことがない。
同じ世代の映画監督の大島渚ってどうしてるんだろう?
ふと、そんなことを思ってしまいました。
Comment by あらいさとる @ 2004/10/16 12:11 AM
今朝も渋井さんのVTR見ました。
どうやらかなりあちらこちらのテレビに出演されてるようですね。
事件が事件だけに、喜んで良いのかどうなのか?
最近の大島渚は・・・きっと年取ってるでしょう。(笑)
ちなみに、私の親父や写真の師匠と同い年だったと思います。
さらに、ちなみに、大島渚は私の高校の先輩だそうです。
在学中にもらった、高校の何十周年かの記念誌にインタビューが載っていて、高校に良い思いでが無かったのか、ちょっと迷惑そうに答えていたような記憶があります。
まあ、私もあまり良い思い出はないですけどね。(笑)
そう言えば、大学生の時にも京大で講演会(”戦メリ”の頃)があって、そこに来ていた美人のOLさんに帰りのバス停で、「女優やってくれませんか?」なんて突然言いに言った事を思い出します。
今考えると、とてもとても怪しい学生ですね。(笑)
Comment by yukio @ 2004/10/17 1:20 AM
大島渚が復帰できたときは印象違うんだろうな。
おそらく闘病生活をしているんだと思うし。
yukioさんは大島渚と同じ高校でしたか。
監督は高校時代から闘っていたんですかね。

OLさんに声を掛けたのはyukioさんですよね?
映研か何かに所属していたんですか?
でもそれくらいの
思いきったことはしてもいいと思いますよ。
怪しいと思われたら仕方ないし、
相手によっては話が通じるときがあるし。
最近自分は、そういった
チャレンジャー精神を失っているような気がします。
yukioさんを見習わないと。
Comment by あらいさとる @ 2004/10/17 5:18 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ