<< 上を向いて歩こう本町通商店街 | main | 渡辺通りにバレンタイン神社 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

桜街道にかける思い

約28kmの道路の両脇に、
34年かけて桜の木を2000本以上も植樹した人がいる。
日本一の桜街道を作るために頑張っている自治体もあるが、
個人でここまでやるとは。すごいなあ。

県道43号 神山川島線 < チェリー・ロードライン > (徳島県吉野川市)
東山さくらの里 村田旅館(地図)
桜街道の夢かなう 吉野川市の村田さん、34年間で2000本植樹

【 徳島新聞 2月11日 】

 毎春、満開の桜が咲き誇り「チェリー・ロードライン」の愛称で親しまれている県道・神山川島線を「日本一の桜街道」にしようと三十四年間、沿線に二千本以上の苗木を植え続けた吉野川市美郷古土地の旅館経営村田芳久さん(69)が、今年を最後に植樹活動を終えた。全線への植樹が終わり、全国に知られる桜名所になったためで、村田さんは「長年の夢がかなった」と喜んでいる。

(下記ソースより一部引用)
http://www.topics.or.jp/News/news2006021110.html
 
あらいさとる *  ・四国 * 21:28 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:28 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ