<< まんが甲子園通り | main | 上を向いて歩こう本町通商店街 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

開港道にコスプレ喫茶か

 角砂糖入れはオルゴール開港道沿いにこの看板メニューはこの中に
そう思ったのは、その喫茶店のウェイトレスが
明治大正あたりと思われる女学生の格好をしていたから。

横浜中華街の開港道が上海路と接する角にある喫茶店は、
大正ロマンカフェーをイメージした、
その名も「横濱 はいからさん」(地図)。
ははぁーん。
漫画家、大和和紀の作品『はいからさんが通る』ってわけか。

店内は清潔感と軽みがある大正ロマンといった雰囲気。
「萌え〜」とか言ってる人は場違いだと思うが、
僕はここのウェイトレスの一人に「萌え」を感じた。

オーダーをとりにきたその娘は、おそらく10代であろう。
おとなしい印象を受けるのは、まだこなれていないからだろう。
そんなふうに感じたにも関わらず、
僕は普通な対応をしてしまい、後悔してしまった。

その娘がグラスに水を注ぎにきた。
「お水、おかわりいかがですか?」と言ったような。
僕はすかさず、
「まだいりません」と答える。
まだ水を飲んでいなかったため、当然の返事ではある。
でもその娘は、僕のひとことで何も言えなくなってしまった……。

水がいっぱい入ったグラスにおかわりいかが、というのは、
確かに「はいからちゃん」のうっかりだが、
緊張というか、慣れていないからなのだろう。
もうちょっとわかってあげればよかった、とあとから思ったのだ。
急いでグラスの水を飲み干すとか、いろいろあるだろう。
そうすれば、楽しいひとときが味わえたかもしれないのに。
それはこっちの勝手な都合なんだけど。
彼女にとっては、仕事をおぼえるいいきっかけだったと、
これも勝手に解釈しておこう。

横浜中華街で食べたり歩いたりすると、お茶をしたくなる。
しかしそういう店は少ないか、あっても値段がバカ高いか、混雑している。
横浜中華街で脇役的な通りの一つが「開港道」。
ここに進路をとるだけで、
椅子の座り心地がよい、ゆとりの喫茶店を堪能することができる。
一息入れたいときはココがいい。
あらいさとる * カフェ * 02:50 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 02:50 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ