<< 秋野深写真展「アリゾナ・ユタ 大地の息吹」 | main | 谷中芸工展2005 最終日 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

相模ねぶたカーニバル

おそらく今年のねぶた祭りの最終版が、
この「相模ねぶたカーニバル」なのだろう。

天気が非常にあやしいのだが、開催されるという。
寒さが肌に染み入る季節なので、
もう少しいい天気になってほしかった。

今夜はねぶたをまだ見たことがないお二人さんを加えた、
四人で相模原入りをめざします。

・相模ねぶたカーニバルの会場
 JR横浜線相模原駅から徒歩7分「リバティ大通り」
あらいさとる * ねぶた祭り * 11:02 * comments(4) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:02 * - * -

コメント

ねぶたっていろんなところでやってるんですね。驚きます。
北海道でやってるのもあるし……。

あ、それと、さっそく新刊にリンクを貼っていただいてありがとうございます。
しかしアマゾンは、「帯」を取った画像を使うんですね〜。
「あれは単なる帯ではなく、本と一体なんだ」といってもなかなか理解できないんでしょうか……。
Comment by 杉岡幸徳 @ 2005/10/09 12:01 PM
杉岡さん、先週はおつかれさまです。

>ねぶたっていろんなところでやってるんですね。驚きます。
>北海道でやってるのもあるし……。

今年関東各地のねぶた祭りに参加しましたが、
北海道にもあるなんて知らなかった……。

>あ、それと、さっそく新刊にリンクを貼っていただいてありがとうございます。

いえいえ、職場の人間に見せたのですが、
なかなか食いつきがいいですよ〜。
楽しく読める本だと思います。

>しかしアマゾンは、「帯」を取った画像を使うんですね〜。

それが原則なんでしょうね。
他だと付ける場合もあるようですが。

>「あれは単なる帯ではなく、本と一体なんだ」といってもなかなか理解できないんでしょうか……。

理解できないんでしょうね。
帯が宣伝コピーのためだけに存在していたのとは時代が違うのにね。
帯を取り外してほしくなかったら、本を完全に覆うように、ということなんでしょう。
だったら、帯と表紙のカバーの一部分を軽く糊付けしてもらったら、
どういう反応を示すのでしょうか。
今回は難しいとしても誰かチャレンジしてみてほしいですね。

ちなみに僕は帯を取り外した表紙絵と装丁も好きです。
Comment by あらいさとる @ 2005/10/09 10:40 PM
>いえいえ、職場の人間に見せたのですが、
>なかなか食いつきがいいですよ〜。
>楽しく読める本だと思います。

ありがとうございます。
ロングセラーを狙えるかな。内容はしっかりしてますので。

>今年関東各地のねぶた祭りに参加しましたが、
>北海道にもあるなんて知らなかった……。

僕の知る限り、北海道の知内町に「おっぱい祭り」という奇祭があって、「おっぱいねぶた」が出てくるんですよ(本にもちょっと書いてます)。
http://www.town.shiriuchi.hokkaido.jp/event/default.htm
探したら、もっとあるかも。
しかしよさこいと同じく、ねぶたの全国侵食も謎ですね〜。
Comment by 杉岡幸徳 @ 2005/10/10 7:42 AM
>ロングセラーを狙えるかな。内容はしっかりしてますので。

狙えると思いますよ。
奇祭は奥が深いのに、その分野に疎い我々であっても、
「おもしろい」と感じることができるのですから。

>僕の知る限り、北海道の知内町に「おっぱい祭り」という奇祭があって、
>「おっぱいねぶた」が出てくるんですよ(本にもちょっと書いてます)。
>http://www.town.shiriuchi.hokkaido.jp/event/default.htm

これは素晴らしい祭りですね。
僕が思春期をここですごしていたら、
恥ずかしくてどうにもならなかったでしょう(笑)。

>探したら、もっとあるかも。

聞いたところによると、すごくあるらしいです。

>しかしよさこいと同じく、ねぶたの全国侵食も謎ですね〜。

村おこしや商店街の町おこしが理由なのでは。
たまたま出身地が青森だったという人ががんばっている、ということも。
Comment by あらいさとる @ 2005/10/11 12:47 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ