<< 魚がし横丁 | main | 『僕の見た「大日本帝国」』出版記念 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

漫画「じゃりン子チエ」

いま読みかけの2巻目 はるき悦巳の漫画「じゃりン子チエ」。今年に入ってから読み始めた。十代の頃、テレビや映画で見た作品もありなつかしくなる。たわいもない話だが惹きつけられる。でもまだ2巻目。職場で休憩中にしか読んでいない。なかなか進まないのだ。
職場の棚にはギッシリと 全67巻読みきるのにどれだけの月日が経るというのだろう。月一冊のペースでいったら、少なくとも5、6年はかかるな。気が遠くなるが、ゆっくりひたっていこうと思う。
あらいさとる * 書籍 * 23:52 * comments(5) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:52 * - * -

コメント

初めまして、私も子供の頃「じゃりン子チエ」を見ましたよ
懐かしいですね、好きなキャラクターは小鉄です、別名は「月の輪の雷蔵」ですね、DVDで何度も見ています。
Comment by ユリ @ 2005/06/05 4:35 PM
ユリさん、はじめまして。
「じゃりン子チエ」いいですよね。
小鉄は侠気(おとこぎ)があって好きです。
あいかわらず遅いペースで漫画を読んでますなあ。
いま4巻かな。月一ってペースじゃなくなってきた。
全巻読むのに10年かかったりして(笑)。
Comment by あらいさとる @ 2005/06/06 7:32 AM
本当に小鉄は侠気のある猫ですね、主人公のチエちゃんに拾われる前のころはいろんな名前で呼ばれたんですよね、私の読んだ漫画は、「じゃりン子チエ」や「どらン猫小鉄」や「じゃりン子チエ番外篇」です。
Comment by ユリ @ 2005/06/24 4:05 PM
いろんな名前で呼ばれていたのかあ。
そういえば「どらン猫小鉄」を職場でみつけたよ。
Comment by あらいさとる @ 2005/06/28 1:34 AM
私なんかは古本屋さんで「どらン猫小鉄」を買いましたよ、小鉄と名前を付けられる前は「ファイティングマシーン」とか呼ばれたんですよ、九州に行ってからは、「雷蔵」と名乗ったんですよね。
Comment by ユリ @ 2005/07/29 4:27 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ