<< 「遥かなる絆」年末に再放送! | main | 全米が泣いた >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

城戸さん、本日役者としても登場

左が大谷昭宏さん、真ん中が城戸久枝さんNHKドラマ「遥かなる絆」の原作者である城戸久枝さんが、本日(2010年2月21日)大阪でのイベント「中国残留邦人への理解を深めるシンポジウム」にパネラーとして出演。第一部の舞台公演でもちょい役で、大谷昭宏さんと舞台で共演する予定です。

ドラマの原作である城戸さんの著作『あの戦争から遠く離れて 〜私につながる歴史をたどる旅』は、第7回黒田清JCJ新人賞などを受賞。父の生い立ちを追う娘の視点から、十年間の取材を通して中国残留邦人の過去と現在をまとめ上げた渾身のノンフィクションです。

 
「中国残留邦人への理解を深めるシンポジウム」

 主催 厚生労働省
 後援 大阪府、大阪府教育委員会
 日時 平成22年2月21日(日) 13:30〜17:00
 会場 よみうり文化ホール
 プログラム http://www.zanryuhojin.jp/program/

  内容 第一部 舞台公演 劇団道化
                  「吉林食堂 〜おはぎのおいしい中華料理店
                  (大谷昭宏著『春美16歳の日本』より)
      第二部 シンポジウム 大谷昭宏(ジャーナリスト)
                     城戸久枝(ノンフィクションライター)
                     中国残留邦人一世二世のみなさん

 ※入場無料 お申し込み先着500名様
 ※定員に達した為、応募しめきりとなりました。

あらいさとる * 城戸久枝 * 10:37 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:37 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ