<< 青森ねぶた祭り始まる | main | 再放送 ドラマ「遥かなる絆」二日目 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

明日から再放送 ドラマ「遥かなる絆」

ノンフィクションライター城戸久枝さんの大宅賞受賞作品『あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅』を原作としたドラマ が、ついに再放送されることに。番組表はこちら
 
今春放送のドラマ「遥かなる絆」(全六話)が今月12〜13日の二日間にわたって放送される。明日、BShi(ビーエス・ハイビジョン)で、 午前10時から。
あらいさとる * 城戸久枝 * 23:53 * comments(3) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:53 * - * -

コメント

号泣しました。「大地の子」も号泣しました。伯父は北満からシベリアに抑留され、クラスノヤルスクで1921年6月15日に亡くなり、2年前に母の位牌を持って1人でお参りに行ってきました。母のすぐ上の兄である伯父は、市を見下ろすタルガシノの丘に今も眠っています。戦後昭和24年生まれの私にも、悲しい出来事です。でも人知れずの苦労と壮絶な人生であった城戸幹さん、良い家族をつくれて本当に良かったですね。
Comment by 和雄 @ 2009/08/13 3:30 PM
和雄さんも身近な人が「あの戦争」を間近に体験されているのですね。戦争がどれだけ多くの人に影響を及ぼしたかを想像すると、つくづく戦争というのはむごいものだと思いますね。
Comment by arai @ 2009/08/13 6:50 PM
戦争は本当にむごいものだと思います。若い頃Philippines共和国Bukidnon州政府に2年間勤めて居ました。かつて両角業作中将が指揮する第8方面軍の35師団があった町です。2年間お世話になったフィリピン人の父親は、日本兵に軍刀で切られた大きな傷痕が首にありました。私が借家を泥棒にやられたり、ピストル強盗にやられたりした時、その人は私の前に立ち、「フィリピン人は君になんて悪い事をするんだ!。さあー、俺を殴ってくれ」、と言ったんです。その人の傷と比べれば、私の傷なんて・・・。2年間、第二次大戦に関することは何度も経験しました。戦後生まれの私がです。
Comment by 和雄 @ 2009/08/23 11:28 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ