<< 愛媛新聞「地軸」 | main | 14時からグレゴリー・ウォンさん登場 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ドイツ旅行と新型インフルエンザ

じつは大型連休中(GW)はドイツへ旅行していました。ベルリンを中心に、ドイツ新幹線「ICE」、ローカル鉄道「Sバーン」、地下鉄「Uバーン」、寝台車「シティナイトライン」、トラム、バスを使って方々を移動。

ドイツは実質三日間。初日はベルリンの蚤の市めぐり。二日目はナチスや東西冷戦時代の遺産めぐり。三日目はライン川沿岸などのドイツの田舎めぐり。短期間ではあるけれど、とても充実した旅行でした。ドイツは楽でとてもすごしやすく、物静かな人が多いがとても優しい。ときどき弾けている人もいるけど。

さて今シーズンの外国旅行となると、気になるのは新型インフルエンザ。ドイツも感染者が10人を超えようかという勢い(その後10人になった)。日本はその当時、感染者は一人もいなかったけれど大変な騒ぎ。

ドイツの空港はさぞ検疫が厳しかろうと覚悟したが、そんなものなどはまるでなくあっさり入国。予防でマスクをしていたが、僕らが歩けば、たいてい地元の若い子は咳をする物真似をわざとしたり、口元を指でマスクの形を描き、こちらを見て笑っている。誰一人としてマスク姿で歩くことのないドイツでは、よっぽどマスク姿が新鮮というか、滑稽に映っているかのようなのだ。来る人来る人、僕らをからかう。

マスクをつけているのは、ときどき見かける日本人か、わずかな東洋系の人たちだけなのである。この差はなんだ? どっちが感染国かわからない。地元でも新型インフルエンザのニュースは毎日採り上げられているが、それはニュースの一つでしかない。大騒ぎを引き起こしている日本では、マスコミがこれでもかと情報を提供してくれる。大臣が物々しく会見する姿も脳裏を離れない。

ドイツが他国に比べていい加減な国だというイメージが僕にはない。むしろ医療体制が世界でもかなり整った国というか。それでもこの日本の騒ぎを見ていると、無頓着であると感じざるを得ない。日本はしっかりした国だなあと。

そういうことなのか?

正直、よくわからないで大騒ぎしている国。それが実感だ。むろん自分も含めてではあるが。

慎重なのは結構なことだけど、世界というのはとらえ方や伝え方でこれだけ反応が違うものなのかと大いに驚いたのである。
あらいさとる * 旅行 * 18:51 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:51 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ