<< バレンタインの密かな可能性 | main | 取調室にて >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

世界の車両から

通過電車を眺めていると……電車が入ってまいりました〜



 
きのう自転車ごとタクシーに追突された同僚やむくんの話。

電車に乗ってる時、これ以上立つのが辛くなったので、
座席に腰掛ける乗客に、思いっきりこう切り出した。
「席を譲ってください」……反応がないのでもう一度。
「座らせてください」……隣の人にも。
「腰を痛めているので座らせてください」
それでも皆に無視されたそうだ。

そんなとき、一人のサラリーマンがこう聞いてきた。
「キミほんとに腰悪いの?」
彼は頷き、背負っていたカバンの中から
病院で書いてもらった紙を出した。
すると目の前の乗客は全員立ち上がり、
ドーゾドーゾと席をすすめたという。

「紙きれ一枚かよっ!」
彼は吐き捨てるように語ってくれた。

あしたは、取調室へ向かいます。
あらいさとる * 世の中 * 21:32 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:32 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ