<< 再放送「四国スペシャル」 | main | 「月刊日本語」インタビュー記事 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

なるほど

猪瀬直樹氏の言葉。

「日本には、作品の鉱脈となる『大きな物語』がなくなったと思われがちだが、違う。ところが、(今の若手の多くは)オタク化して、『大きな物語』が見えていない」。

僕はノンフィクションライターではないが、痛いところを突くなあ、と思った。こっちだっていろいろあるのだ、と言いたくもなるが、まさに言い当てられているような気がしたのだ。

毎日新聞社 望遠/広角:年長者の受賞が目立つ大宅賞
http://mainichi.jp/enta/art/news/20090409dde018070074000c.html
あらいさとる * 自分のこと * 23:21 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:21 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ