<< 第7回黒田清JCJ新人賞 贈賞式 | main | 今週末「週刊フジテレビ批評」に出演 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

森さん

左が選考委員の清田義昭さん、右が森達也さん今年のJCJ賞受賞者の中に、『死刑―人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う。』(朝日出版社)の森達也さんがいた。

贈賞式には黒のポロシャツに、作業着風のズボン、そして黒のスニーカーで出席。

まるでドキュメンタリーの撮影を抜け出して登場したかのよう。らしいというか、格好いいと思った。

身体を使って状況を説明する森さん話の中身はそば屋での不思議な出来事

受賞者はスピーチをするのだが、他の誰よりも話がおもしろい。しかし、肝心の「死刑」についてはほとんど話さず、そば湯入りスニーカーの話で会場を笑いの渦に巻き込んでいた。

ちなみに受賞した彼のトロフィーだったか賞状には、「JCJ賞受賞」「死刑 森達也」と記入されているのだとか。森さんはおめでたい席に、死の宣告を受けたもようです(笑)。
あらいさとる * クリエーター * 23:44 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:44 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ