<< 安田記念 ウオッカ強し | main | 文藝春秋SPECIAL 夏号 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

五月蝿い六月のコバエ

台所にコバエが現れる季節になった。

生ゴミなどに群れるショウジョウバエなどがうざったい。前は殺虫剤をサッと吹きかけていたけれど、食べ物がそばにあるとさすがにそれはできない。

というわけで、置いておくだけでコバエを誘い、入ったら逃げられなくなる、とあるモノを買ってみた。

最初はまるで関心を示さなかったコバエどもだったが、翌日には数匹がそのモノの中にいた。日を追うごとに容器の中のコバエの数は増え、いつしか台所にコバエの群れの姿を見ることはなくなったのだ。

アース製薬の「コバエがホイホイ」、あな恐ろしや。
あらいさとる * たわいもないこと * 23:24 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:24 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ