<< 出版社のウェブサイト | main | 碇ヶ関温泉郷 古遠部温泉 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

勿来

福島県いわき市に「勿来(なこそ)」という地名がある。

初めてこの字を目にしたときは読めなかった。それが福島競馬に「勿来特別」というレースがあることを知り、これを「なこそとくべつ」と呼ぶことで読み方を覚えることに。

そもそも何なんだろう、勿来って? そう思い調べてみたら、かつてここに奥羽三関の一つ「勿来関」があったからだという。

かつて蝦夷の南下を防ぐためにつけられたという関所の名前。「勿来」は「来ル勿(ナカ)レ」、つまり「来るな」という意味。

だから「ようこそ勿来へ」と言ったら、厳密にはどっちの意味かわからなくなる。となると「勿来特別」は「特別に来るな」と?
あらいさとる * 縁グラム * 21:15 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:15 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ