<< 私高J低 宇都宮 | main | 京都新聞「電子版」に >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

若者の街 ユニオン通り商店街

東武宇都宮駅のそばに「東京街道」と呼ばれる国道119号がある。これを挟むように駅前東側にあるのが「オリオン通り」という大きな商店街、そして西側にあるのが「ユニオン通り商店街」だ。

ネオンが気になったので足を踏み入れてみた。するとそこには今の地方がおかれている商店街の実情とはかけ離れた、洗練された空間が存在したのだ。美容院や若者ファッションの店などが並んでいる。チェーン店はなかったような気がする。あってもごく一部か。ということは大きな資本が仕掛けたプロジェクトではなさそう。ネーミングからして「ユニオン通り商店街」だから、前から存在する商店街なのだろう。

きっと通りの向こうに学校があるのだろう。だけど多少立地条件が恵まれているからって、昔からある商店街がこういう街を作れるのはスゴイと思う。こういうことはほとんどの所ではできないし、やらないからね。

先ほど『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べてみたら、「ユニオン通りが現在の隆盛を誇るようになった理由」が記されていた。一つ目は予想どおり、通学路であること。二つ目は大きな通り沿いに比べてテナント代が安いということ。そして三つ目は店主の世代交代が早く、若い店主の積極的な取り組みで活性化されたということ、だった。

なるほどね〜。希望をもたらす商店街の姿といえそう。

JUGEMテーマ:ビジネス
あらいさとる *  ・関東 * 21:59 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:59 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ