スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

勿来

福島県いわき市に「勿来(なこそ)」という地名がある。

初めてこの字を目にしたときは読めなかった。それが福島競馬に「勿来特別」というレースがあることを知り、これを「なこそとくべつ」と呼ぶことで読み方を覚えることに。

そもそも何なんだろう、勿来って? そう思い調べてみたら、かつてここに奥羽三関の一つ「勿来関」があったからだという。

かつて蝦夷の南下を防ぐためにつけられたという関所の名前。「勿来」は「来ル勿(ナカ)レ」、つまり「来るな」という意味。

だから「ようこそ勿来へ」と言ったら、厳密にはどっちの意味かわからなくなる。となると「勿来特別」は「特別に来るな」と?
あらいさとる * 縁グラム * 21:15 * comments(0) * trackbacks(0)

なす牛

栃木県の特産物に 那須牛というのがあるらしい。

なす牛とは違うようで。こっちだと相棒はきゅうり馬。
あらいさとる * 縁グラム * 22:58 * comments(0) * trackbacks(0)

日光杉並木街道

自分にまつわる都県の日本一を調べていたら、栃木県は杉並木の長さが知られているようで。よくよく調べてみると日本一どころか、世界一のようでした。

日光杉並木街道は、日光市の観光ページこう紹介されている。

 1992年版のギネスブックに掲載されから、
 世界でもっとも長い並木道(LongestAvenue)として、
 世界中に知られるようになりました。
 世界一長い並木道は、今市地域に集まる3つの街道からなっています。
 この並木道は、「日光杉並木」として知られています。

3つの街道とは、日光街道、例幣使街道、会津西街道のこと。「例幣使」って聞きなれないな。
あらいさとる * 縁グラム * 23:39 * comments(0) * trackbacks(0)

青島温州みかん

「青島」というのは地名じゃなくて、人の名前だったと!

「三ケ日みかん」(みっかびみかん)や「青島みかん」というのはよく聞く言葉で、当時所属の運動部で遠征した相手が「三ケ日中学」や「青島中学」だったので、「青島」は地名だと思っていた。

青島温州みかん」を発見したのは、青島平十氏。先日静岡県の由来が賤機山(しずはたやま)に関係があることを日記に書いたばかり。

自分はこの山のすぐ南側にいた。「青島温州みかん」は、この賤機山の北側で発見された。こんな近い所にあったとは、全然知らなかった。
あらいさとる * 縁グラム * 22:37 * comments(0) * trackbacks(0)

関東一広い都県は?

これは意外にも、栃木県でした。

 1位 栃木県  6,408.28平方km
 2位 群馬県  6,363.16平方km
 3位 茨城県  6,095.69平方km
 4位 千葉県  5,156.58平方km
 5位 埼玉県  3,797.25平方km
 6位 神奈川県 2,415.84平方km
 7位 東京都  2,187.42平方km

先日、縁グラムの日記には「栃木県が二個入るかも」と書いたことで、栃木県の面積は狭いと思ったのですが、関東で比べてみると広かったのですね。 

東京都は予想どおり最下位。栃木県の三分の一。
あらいさとる * 縁グラム * 21:18 * comments(0) * trackbacks(0)

栃木は元県庁所在地

栃木県の現在の県庁所在地は宇都宮である。しかし以前は栃木であった。

土木事業などでその名を轟かせ、自由民権運動をする側からすれば悪名高い三島県令(知事のこと)が決定した。

栃木は自由民権運動が盛んであり、これを県令が嫌って宇都宮に移転させたのだとか。この男の判断がなかったら、今も栃木が県庁所在地だったのかも。

ちなみに三島県令は田中正造とも対立していた。
あらいさとる * 縁グラム * 22:22 * comments(0) * trackbacks(0)

都名の由来 東京都

「東京」は、京から江戸へ遷都するための戦術として急造された名称のように思える。

新政府は天皇を公家から切り離し、政治に参加させようとした。しかし天皇が京から江戸へ引っ越すことを公家は大反対。ということで、行幸という名目で江戸に来てもらうことに。これからは江戸もしょっちゅう見てもらうようにということで、天皇が頻繁に滞在するいわばもう一つの京として「東京」にしたのかもしれない。京は「京都」とすることで都であることを公家に向けて強調。

行幸は二度行われ、二度目はそのまま東京。結局天皇は京都には戻らず。うまく画策した感がある。遷都宣言はされていないこともあり、京都的にはまだ帰ってきてないって感覚らしいけど。
あらいさとる * 縁グラム * 22:22 * comments(0) * trackbacks(0)

東亰

江戸が東京となったとき、「東亰(とうけい)」と呼ばれたことがあるらしい。

初めて見る字だったのでビックリしたが、これって漢字じゃないのでは? 東京ではなく、東亰なのは何故だろう?
あらいさとる * 縁グラム * 20:49 * comments(0) * trackbacks(0)

県名の由来 栃木県

福島県の半分にあたる面積をもつ栃木県の名称の由来とは。

これがまたはっきりしない。

社殿の屋根にある「千木(ちぎ)」が十本あったとか、トチノキ(栃の木)が数多くあったとか、いろいろな説がある。

かつて県庁まで置かれた栃木市(当時は栃木町)は、なぜその名の本当の由来を伝えなかったのか不思議でならない。栃木という名称が、その当時でさえ古い名称であり、誰もよくわかっていなかったということか。
あらいさとる * 縁グラム * 17:41 * comments(1) * trackbacks(0)

県名の由来 静岡県

全国13位という比較的広めの面積をもつ静岡県の名称の由来とは。

静岡の中心部の北側にある賤機山(しずはたやま)が関係しているというのは聞いたことがある。「賤」の字を嫌って「静」にしたと。ちなみに自分はこの山の近くに住んでいたことがある。特にそれほど大きい山でもどうという山でもないので、なぜこの山を名前の由来にしたのか、そこがよくわからない。明治に入り、新政府から駿府藩に「府中」の名称変更が命じられたとき、藩は「静、静城、静岡」の3つを考案したという。

候補にどれも「静」の字。なぜ「静」の字にこだわるのか、そこが知りたい。「静」が賤機山を指すのであれば、賤機山にこだわっていることになる。なぜそこまでこだわるのか、そこが疑問なのだが。

※参考: 静岡県公式ホームページ
あらいさとる * 縁グラム * 22:41 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ