スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

高濃度酸素カプセルのお値段

 早稲田実業の斎藤投手も入った高気圧高濃度酸素カプセルのお値段は、ズバリ380万円だそうです。
 簡単にいうと健康にいいらしい。以下のような場合は利用を控えたほうがいいらしいが。妊娠中、インシュリンを投与している、閉所恐怖症、ペースメーカーを使用している場合。
 科学がますます発達すると、延命措置のカプセルができたりして。または高度な医療技術が発達している未来までに保存がきくカプセルとか。カプセルを見ているとそんなことを思ってしまうのでした。

酸素カプセルオアシスO2
http://www.air-press.com/
あらいさとる * スポーツ * 23:58 * comments(2) * trackbacks(4)

実況角澤、解説松木のレース

日本代表のサッカー中継なんかでは、なじみの二人ではあるが。
この二人が競馬のレース実況をしたらどうなるか。
2ちゃんねるの競馬板でこんなのを見つけた。

 競馬番組のレース実況が角沢、解説が松木だったら
 http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1153030051/

競走馬がゴールする寸前、実況も解説もされていないところが可笑しい。
よく特徴をとらえているというか。
この両者は熱い気持ちで声援を送るサポーターと同じ気持ちになり、
一体感でもってゲームを盛り上げる役なんだろうな。
はまるとこれはこれでおもしろい。うるさいと思う人もいるだろうが。
対照的なセルジオ越後も加えたいところだ。
あらいさとる * スポーツ * 23:04 * comments(0) * trackbacks(5)

イタリア発 ジダンゲーム

あなたはこのゲームの挑発に耐えられるか?

ジダンゲーム(ジダンの頭突きゲーム)
http://www.bastardidentro.it/node/view/18910
あらいさとる * スポーツ * 22:07 * comments(0) * trackbacks(0)

八百長発覚→W杯優勝の法則

もしやと思って調べてみたら、こんな事実が。
八百長発覚後、FIFAワールドカップに出場すると優勝できるらしい。

 1971年西ドイツ 八百長事件 → 1974年W杯 西ドイツ優勝
 1980年イタリア 八百長事件 → 1982年W杯 イタリア優勝
 1993年フランス 八百長事件 → 1994年W杯 フランス出場なし
                      → 1998年W杯 フランス優勝
 2005年イタリア 八百長事件 → 2006年W杯 イタリア優勝
あらいさとる * スポーツ * 23:58 * comments(0) * trackbacks(0)

mixiにジダンのコミュが乱立

 W杯決勝戦。延長戦、ジダンがまさかの頭突き一発退場。あそこまではっきりやるとは。いったいマテラッツィに何を言われたのだろう。自分の最後の試合を、このような形で自ら終止符を打つなんて、ジダンとは……。じつに印象的な幕引きだと思う。
 「FIFA World Cup Germany 2006」のコミュで宣伝している人を見かけたので何かと思ったら、今回の件でジダンのコミュニティができていた。調べてみるとけっこう乱立している。

ジダン退場
ジダン・・・これ最後なんだよ
ジダンの頭突き
ジダンの頭突き
ジダンが頭突き
ジダン頭突き
ジダン(笑)
ヘディングシュート
頭突きジダン
ジダンの頭突きスペシャル
あらいさとる * スポーツ * 07:05 * comments(0) * trackbacks(0)

決勝戦 イタリアvsフランス

 リアルタイムで見たい。だけど起きれるかな。朝まで起きていると翌日の仕事にさしつかえる。残念だ。無理かもしれない。タイマー録画だけはしておこう。
 フランスは守りが堅いがイタリアが優勝しそうな気がする。PK戦だとわからないけど。このゲームはフランス代表、ジダンの引退試合でもある。
あらいさとる * スポーツ * 23:58 * comments(0) * trackbacks(1)

有終決定戦 カーンvsフィーゴ

 4年前の日韓ワールドカップで、その存在を強烈に印象づけたドイツのGKオリバー・カーンが、今夜深夜に行われるポルトガルとの3位決定戦にいよいよ登場する。
 今大会では控えのGKだったが、ここでようやく出番が回ってきた。ドイツが決勝に進出していたら、カーンの出番はなかったと思う。ドイツ躍進の陰の功労者カーンにとって、おそらくこの試合が最後のW杯になるであろう。
 対するポルトガルのフィーゴも最後のW杯ではないかと。切れ味を期待するのではなく、ここぞという所でキーマンの役割を果たしてくれることに期待したいと思う。
 どちらが有終の美を飾ることができるか。カーンがひさびさに登場するのと、POGカルチョでドイツを指名しているので、ドイツとしたいところ。だけどポルトガルにはお気に入りのGKリカルドがいる。それにイングランドのルーニーを実質退場に追いやったクリスチアーノ・ロナウドの存在も気になる。なので、ここは敢えてポルトガルを応援しようかと。開催地のドイツだからかなりきびしいと思うけど。できればPK戦になってほしい。カーンvsリカルドのキーパー対決を観たいのだ。
 それにしてもクリスチアーノ・ロナウドは、ルーニーと同僚だというのによくそこまでやるなあ。チームに戻ったら険悪ムード間違いないだろうね。
あらいさとる * スポーツ * 23:43 * comments(0) * trackbacks(0)

W杯の4強はGKの戦いか

 いずれもGKが光るチームがそろった感がある。

 準決勝の放送は明日早朝から「ドイツvsイタリア」。
 チームの勢いと本拠地の利を生かす冴えるPK戦の主役、ドイツのレーマン。あのカーンから正GKを奪いとった高い能力の持ち主。
 セリエA屈指のゴールキーパーは、イタリアのブッフォン。今大会の失点は1点のみ。しかもオウンゴール。つまり相手からゴールを奪われていないことになる。

 明後日の早朝は「ポルトガルvsフランス」。
 PK戦では神がかりのスーパーセーブを魅せた、ポルトガルのリカルド。今大会の失点は1点のみ。
 8年前の優勝に貢献したフランスのバルテス。今大会の失点は2点のみ。

 GKの特徴を予想に生かすとすれば、自国が得点を挙げるとイタリアとフランスに分がある。お互い得点することができない試合ならば、PK戦に強いドイツとポルトガルか。
あらいさとる * スポーツ * 23:50 * comments(0) * trackbacks(0)

ポルトガルのリカルド凄すぎ

 ポルトガルのゴールキーパー(GK)リカルドが、PK戦で相手4人中3人のシュートをスーパーセーブして、ポルトガルを4強に押し上げた。唯一ゴールされたシュートも読みが当たっていた。
 リカルドは何の気なしで立っているように見え、相手が蹴る瞬間、ひらめいたら倒れこみそうな感じで右へ左へジャンプする。GKは蹴られてから反応したのでは遅いので、大抵は山を張る。ただリカルドの動きは、ただのひらめきではないように見えた。相手が蹴るギリギリまで見ているようなのだ。圧巻だったのはイングランド4人目の蹴る方向を瞬間的に修正して逆に飛んだのだ。そしてファインセーブ。何なんだこの人は。
 PK戦といえば、ウクライナのショフコフスキーやドイツのレーマンもいいGKだと思った。だけど僕の印象では、ポルトガルのリカルドの力が抜けているように思えましたね。
あらいさとる * スポーツ * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0)

W杯は国の戦いではないらしい

 イングランドはなぜイギリスではないのか、という疑問がある。
 イングランドは、(日本的に呼ぶと)イギリスという連合王国の中にある非独立国の一つ。その非独立国はイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドという四つの地域に分かれている。
 それぞれサッカー協会があるという。中国以外に台湾や香港にもサッカー協会があるんだそうで。となるとFIFAワールドカップは国の戦いではなく、各地域のサッカー協会同士の戦いといえそうですね。
あらいさとる * スポーツ * 23:57 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ