スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ランチパーック! じゃない!!

工藤パン「フレッシュランチ」_1工藤パン「フレッシュランチ」_2先日の青森旅行のコンビニで手に取ったのがこれ。山崎パンの「ランチパック」にこんな味あったっけ? 

よく見たら、地元最強超有名パン製造販売メーカー工藤パンの「フレッシュランチ」というシリーズだった。

それにしても「カレー焼きそば&辛子マヨネーズ」って、スゴイな。食欲旺盛な十代がターゲットか? 当方思いっきり対象外ですが、おいしくいただきました。

ちなみにこのメニューは、今のところメーカーサイトには掲載されていませんでした。
あらいさとる * 旅行 * 23:49 * comments(0) * trackbacks(0)

今夜は「花火の祭典」

本日は「終戦の日」。こんな日は平和について考えるか。いや、考えるより実行することにする。夏の夜に花火をゆっくり堪能できる平和のひとときを実感してこようと。毎日がそうではないのか、というツッコミは無しにして。

去年初めて観に行ったとき、また行きたいと思った花火大会が今夜開催される。

花火の祭典2009_1花火の祭典2009_2花火の祭典2009_3 夏には一度ぐらい花火を観に行きたい。迫力ある打ち上げ花火を。しかし人ごみがきついのはちょっと・・・・・・。苦労して出かけたのに花火がよく見えないというのも嫌だし。あと長時間観続けるのもこれが結構つらいと思うこともしばしば。

そんな花火大会はないかと調べた去年、まさしくそのわがままを叶えてくれる行事に出会うことができた。

東京都大田区が主催する「大田区平和都市宣言記念事業『花火の祭典』」。
50分で約6000発の花火が打ち上がるため、短時間で迫力満点の花火を体験できる。有名な大会ではないため、他のより人ごみはそれほどきつくない。多摩川で繰り広げられ、河川敷を開放しているのでよく見える。打ち上げに合わせて音楽が流れるのには驚かされるが、これが意外と悪くない。見事にはまると言いようもない感動が湧き上がる。

そんな「花火の祭典」を観に出かけます。京浜急行線「六郷土手」駅から徒歩約5分で多摩川河川敷へ。花火打ち上げは午後7時20分から午後8時10分。気になった人は出かけてみるといいよ。
あらいさとる * 旅行 * 16:48 * comments(0) * trackbacks(0)

ドイツ旅行と新型インフルエンザ

じつは大型連休中(GW)はドイツへ旅行していました。ベルリンを中心に、ドイツ新幹線「ICE」、ローカル鉄道「Sバーン」、地下鉄「Uバーン」、寝台車「シティナイトライン」、トラム、バスを使って方々を移動。

ドイツは実質三日間。初日はベルリンの蚤の市めぐり。二日目はナチスや東西冷戦時代の遺産めぐり。三日目はライン川沿岸などのドイツの田舎めぐり。短期間ではあるけれど、とても充実した旅行でした。ドイツは楽でとてもすごしやすく、物静かな人が多いがとても優しい。ときどき弾けている人もいるけど。

さて今シーズンの外国旅行となると、気になるのは新型インフルエンザ。ドイツも感染者が10人を超えようかという勢い(その後10人になった)。日本はその当時、感染者は一人もいなかったけれど大変な騒ぎ。

ドイツの空港はさぞ検疫が厳しかろうと覚悟したが、そんなものなどはまるでなくあっさり入国。予防でマスクをしていたが、僕らが歩けば、たいてい地元の若い子は咳をする物真似をわざとしたり、口元を指でマスクの形を描き、こちらを見て笑っている。誰一人としてマスク姿で歩くことのないドイツでは、よっぽどマスク姿が新鮮というか、滑稽に映っているかのようなのだ。来る人来る人、僕らをからかう。

マスクをつけているのは、ときどき見かける日本人か、わずかな東洋系の人たちだけなのである。この差はなんだ? どっちが感染国かわからない。地元でも新型インフルエンザのニュースは毎日採り上げられているが、それはニュースの一つでしかない。大騒ぎを引き起こしている日本では、マスコミがこれでもかと情報を提供してくれる。大臣が物々しく会見する姿も脳裏を離れない。

ドイツが他国に比べていい加減な国だというイメージが僕にはない。むしろ医療体制が世界でもかなり整った国というか。それでもこの日本の騒ぎを見ていると、無頓着であると感じざるを得ない。日本はしっかりした国だなあと。

そういうことなのか?

正直、よくわからないで大騒ぎしている国。それが実感だ。むろん自分も含めてではあるが。

慎重なのは結構なことだけど、世界というのはとらえ方や伝え方でこれだけ反応が違うものなのかと大いに驚いたのである。
あらいさとる * 旅行 * 18:51 * comments(0) * trackbacks(0)

母は明日から一人旅

母がひさびさに海外一人旅に出かける。もう70ヶ国ぐらいになるのかな。

今回は東欧のマケドニア共和国とアルバニア共和国がメインだそうで。ギリシャやブルガリアにも少々。明日から二週間ほど。マザーテレサや聖書に縁のある地をめぐりたいとのこと。

この件について、現地を新婚旅行から帰ってきたばかりの西牟田夫妻から、母は最新情報を教えてもらえたようで。西牟田夫妻に篤く感謝したい。
あらいさとる * 旅行 * 22:36 * comments(0) * trackbacks(0)

さつき(笑)

今日、田中勝春騎手が中央G1の139連敗をついに脱し、初のクラシック優勝を果たしたのが「皐月」賞。

昨日、松山空港で待機するテレビカメラを見つけ、振り返ってみるとそこにいたのが「五月」みどり。

今日、会食をする機会があり、部屋名を確認してみたら「さつき」だった。

それから、古き街道の町並みが残る内子町で、まさかまた目撃することになったのが「五月」みどり。

同じ愛媛県での出来事とはいえ、違う土地で、五月みどりとこうして遭遇することになるとは。言葉も出なかった。

他の「さつき」も偶然にも連鎖している。不思議な週末でした。

これからの人生、五月晴れのようにいくかな〜。そうなるようにしたいです。
あらいさとる * 旅行 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0)

松山の長くない夜

たこ焼きを「道後ビール」を飲みながら食べる。
どこからともなく聞こえて来るのは、路面電車の走る音。

こんな時間が何ともいえぬいい感じです。

「六時屋タルト」も食べる。

さっき飲んだビールが効いたせいか、眠くなる。今夜は早く寝よう

あらいさとる * 旅行 * 22:40 * comments(0) * trackbacks(0)

魚津と氷見と金沢へ

 今日は旅行の最終日だというのに、空振りがあったなあ。
 蜃気楼で有名な魚津では、蜃気楼など何も見えないし。定食の魚がまだ焼きあがらないという理由だけで、魚がつかなくなるし。海岸沿いを走る氷見線では、海の向こうに山脈が見えると聞いていたのに何も見えないし。氷見にある藤子不二雄A先生のからくり時計は、一時間ごとでないと忍者ハットリくんは現れてくれないし。金沢の市場の醍醐味を味わおうと、近江市場へ行くも、そのほとんどの店が休みだし。
 それでも楽しかった。各地でおもしろいものがたくさん見れたので。北陸はいい所だった。まだまだ見たりない。また行かないとな。
あらいさとる * 旅行 * 23:22 * comments(0) * trackbacks(0)

福井と高岡と富山へ

 福井名物おろしそばとソースかつ丼を食べた。「名物に旨いもの無し」という格言があるが、ありゃ嘘だな。ここに限れば。
 列車は僕を富山県の高岡へ運ぶ。藤子・F・不二雄先生の生家跡を探すが、見つけられず。
 高岡の町並みは古い建物が多いけど、情緒があって好きだ。
 続いて富山へ。二軒はしごして海の幸を味わっているが、外れなし。とろけるような味ばかりで参りました。
あらいさとる * 旅行 * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0)

鯖と肉じゃが

 京都府の日本海沿いに、舞鶴という所がある。ここは戦後、満州やシベリアから引き揚げてきた人たちが、最初にたどり着いた場所として知られる場所だ。
 それと肉じゃがの発祥地でもある。肉じゃがは食べられなかったのだけど。
 次は福井県小浜市へ。ここには鯖街道の起点がある。こっちではしっかり鯖を食べてきました。
あらいさとる * 旅行 * 22:00 * comments(0) * trackbacks(0)

真夜中の逃走

 今夜、横浜に到着した列車に飛び乗る。
 明日は日本海が見える町に降り立つことになるだろう。
 月曜日には帰ります。
あらいさとる * 旅行 * 23:57 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ