スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

例の宝くじ1番売り場を増設

したらどうかと思うのだが。

「例の宝くじ1番売り場」とは、全国でも屈指の人気を誇る「西銀座チャンスセンター」の1番売り場のこと。年末ジャンボ宝くじの1等が頻発することでよく知られている。他の番号の窓口もあるのだが、人気の差は歴然としている。他の番号の窓口がすいすい買えるのに対して、この売り場は一時間以上待たないと買えないのはザラ。

そこで他の番号の窓口の売り上げを伸ばすべく、1番売り場の待ち時間を解消すべく、全ての売り場を「1番売り場」にすることを、頭の中で勝手に決めた。これならどこの窓口も人気の「1番売り場」。

そんなのダメだ。だったら複数あっても端にある「1番売り場」で買う。そうなると結局元に戻ってしまう。いっそ端を無くすとか。「西銀座チャンスセンター」を円形にする。円の外側に各売り場を設けるのだ。

そうしたら今度は、「1番売り場」があった場所で買おうとする人間が出てきた。こうなってはどうしようもないか。それだったら「1番売り場」の窓口だけ思いっきり横長にして、対応する人間を増やすのだ。他の番号の窓口の売り上げを伸ばすことはできないが、1番売り場の待ち時間を解消することは間違いなくできる。

そんなことをしてうれしいと思う人間がどれだけいるのかわからないが(笑)。ちなみに自分は、年末ジャンボ宝くじを買ったことがない。あと数日で販売終了らしい。買いたい人は急げ!

JUGEMテーマ:大晦日/お正月
あらいさとる * 戯作 * 21:32 * comments(0) * trackbacks(0)

アノセントオハナ5

7月7日開催の競馬で、第7レース7枠7番の馬がいる。
怪しい。これを今狙わずしていつ狙うのか。

そう思って先日馬券を買った。

ちなみに馬名は「アノセントー」。
「あの戦闘」のことかと思ったら、「あの銭湯」だった。
それにしても変わった名前だ。
オーナーが珍名馬を名付けることで有名な人らしい。

小頭数のレースで、人気は7頭中7番目。
人気が無い馬だったので、単勝オッズが100倍以上つく。
これはおいしい!
ちょっと頑張って単勝馬券を多めに買ってみた。
これが当たったら凄い配当になる。

期待に胸をふくらませながらレースを見た。
おぉ、凄い!!
なんと先頭を走っているではないか!
じつは「あの先頭」ってことなのか!?

そのままの勢いでまんまと逃げ切ると思った。
そしたらあっという間に、他馬に次々と追い越され、
結果はビリになってしまった。

レース中はひょっとしてと夢を見たものだが、
そこまで都合よくいかなかったのだ。

予想が間違っていたのか?
いや、間違っていない。
7月7日第7レース7枠7番の馬が「7着」になったのだから。

そっちかよ!

最後のゴール。
何とか最後の一頭には差されないようにと願っていたのだが、
わずかにそれも叶わず。

「アノセントー」ハナ差負け……。


※ちなみにこの話は、毎度ながらフィクションです。
あらいさとる * 戯作 * 22:16 * comments(0) * trackbacks(1)

アノセントオハナ4

問1 正解を答えなさい。

 a ビリーズブートキャンプ
 b アノセントオハナ
 c 小島よしお

何の正解かわからない、と思うだろう。これを元代ゼミの有坂誠人先生の『例の方法』を使えばわかる場合も。bが人名だったらbの「アノセントオハナ」が正解。aとbがカタカナ、bとcが人名なら、出題者はbを隠そうという意図があったことになる。うる憶えだから間違ってるかもしれないけど。

さて。つい数ヶ月前までならa〜cを知ってる人は少なかったはずである。

aのビリーズブートキャンプは、あっという間に話題になったダイエット方法。米国のブームはとっくに去ったらしいが。

cの小島よしおはハイテンション芸人。すでに知ってる人には強烈な印象を与えているはずだ。「でもそんなの関係ねぇ!」「はいオッパッピー」「チントンシャンテントン」。いよいよブレイクか。

bの「アノセントオハナ」はまだ知られていない。おそらく誰も知らないのでは。この三択に載せること自体が不思議なこと。でもビリーズブートキャンプと小島よしおに迫るなんてことがあったら、不思議でも何でもないわけで。だが、果たしてそんな日は訪れるのだろうか。夕陽を眺めながらそんなことを思ったのさ(嘘)。

「アノセントオハナ」って人名なのか? またしても新たな疑問が生じたのだった。
あらいさとる * 戯作 * 22:18 * comments(0) * trackbacks(0)

アノセントオハナ3

「アノセントオハナ」が全く見えてこない。友人の指摘にもあったが、元のせんに戻って考えることにした。だが自分に届いた電報を目の前に置いて考えてみたが、さっぱりわからない。そんな中、奇妙なニュースが舞い込んできた。

全国18都道府県の役所などに「アノセントオハナ」と書かれた紙が置かれてあるのが見つかったという。ちなみに「書籍購入にお役立て下さい」とも書かれており、二千円札が添えられていた。いずれも女子トイレで発見されたという。

うちは役所でも女子トイレでもないんですけど……。しかもうちには二千円札は添えられてなかったぞ! 誰かがおカネだけを引き抜いたとか。なんか損した気分。だいたい二千円札って! 今どきって気もするぞ。ウケを狙った愉快犯とか。だけど二千円札っていうところにメッセージ性をも感じるのだが。気のせいか。

「書籍購入」ってことは二千円で買える本なのか。千円の本なら二冊買える。でも最近の単行本だと千円を超えるものが多いからここは二千円ぐらいの本だと思ってもいいのでは。しかし新書サイズの本なら数冊買えるので、そうとも言い切れない。

ここで新たに発見した事実がある。全国に配られた「アノセントオハナ」の中に「アノセントーハナ」、つまり「トーハナ」と記された紙も数通あったという。ということは、「アノセントオハナ」は最初にたてた仮説「アノセンとオハナ(お花)」ではなさそう。「アノセントーハナ」はどこで区切るのだろうか? 少しずつ解明されてきたが、謎は依然謎のままだ。
あらいさとる * 戯作 * 17:40 * comments(0) * trackbacks(0)

アノセントオハナ2

マイミクである友人の書き込みから「アノセントオハナ」が、廃墟の病院と関連がありそうなことがわかった。そこはかつて自分が訪ねた場所で、「アノセン……」と落書きがされている場所だったのだ。なぜこの廃墟の病院が自分に電報を? じつに謎めいている。

しかし待てよ。「アノセン」の後に続く文字は判別不能だったのだ。「トオハナ」が続けて書かれていたわけではなかった。ここまでくれば「アノセントオハナ」と書いてあってほしいが、確証は得られない。全然ちがうことが書かれていることだってあるのだ。

だいたい病院なのだから「アノセン……」とは、「アノセンセイ」と書かれている可能性もあり得るのだ。患者が人に言いにくいことを、書き込んだことも考えられる。こうした落書きは性的なものか、悪口が書かれやすいものだ。性的なものはあからさまにストレートに単語が書いてある場合があるから、おそらくこの場合は悪口ではないかと。患者がとある医師への思いをぶちまけているのかもしれない。

と書いたのはいいが、ふと気づいたことがある。「アノセンセイ」だとしたら、なぜ「あのセンセイ」と書かなかったのかということ。患者の癖とか偶然とかで片付けていいのか。腑に落ちないのである。そもそも「アノセンセイ」と仮定したまでであり、そうと決まったわけではない。うぅ、結論が出せない。「アノセントオハナ」とはいったい何なんだ!?
あらいさとる * 戯作 * 20:24 * comments(0) * trackbacks(0)

アノセントオハナ

電報というものを初めて受け取った。

 アノセントオハナ

えっ……。 

 アノセントオハナ

まったく意味がわからない。

「アノセン」って何?
「オハナ」は「お花」?
 
いったい何の謎掛けなのか。
だいたいカタカナだけの電報って、今どき珍しくないか?

差出人不明っていうのもなあ……。

 アノセントオハナ

うーん。


※ちなみにこれは戯作です。
※もし意味がわかる人がいたら、ネタばらしせず、適当にボケてください。
 気が向いたら続きっぽいものを書くかもしれません。
あらいさとる * 戯作 * 22:01 * comments(0) * trackbacks(0)

小泉くんのお弁当

ダジャレ万博「愛・地球博」(もちろん愛知)では、
小泉首相の粋な計らいにより、手作り弁当の持ち込みが可能になった。
ちなみに小泉くんのお弁当の中身はというと……。

もちろんご飯は「日の丸弁当」。
「切り身の鮭ウィダンス」が目立つが、
それもそのはず「人気取りのから揚げ」のため。
かつては「豚の道路公団改角煮」が大好物だったが、
最近は「年金ピラごぼう」と「社会保険腸詰」に頭を悩ませる。
同じ自民党員から「ひじ(き)」鉄を食らわされても、
「郵政民えイカフライ」がお気に入り。
食後は「茶番茶」でしめたかと思いきや、まだまだ別腹ときたもんだ。
「米国産牛肉」はさすがに食べられないと言いながらも、
季節外れのケーキ「ブッシュ殿エール」を堂々と持ってくるあたり、
あんた変わってないね。
あらいさとる * 戯作 * 01:58 * comments(8) * trackbacks(5)

取調室にて

「カツ丼でも食うか?」
「カツ丼? わいは牛丼が食べたいんじゃー!!」

以上、吉野家牛丼一日限定発売当日に、
取調べを受けた容疑者の叫びでした〜♪
あらいさとる * 戯作 * 22:25 * comments(0) * trackbacks(0)

ウイルス&スパムメール撲滅大作戦

ウイルススパムにやられっぱなしというのは合点がいかない。
攻撃を仕掛けてくる相手に、この気持ちを思い知らせてやりたい。
その思いひとつだけで開発されたのが「反撃ミラーボム」だ。
ウイルスなどを受信することなく、
光を反射させるように送り先へウイルスを瞬時に突っ返すソフトだ。
ウイルススパムを送りつけた側は、
まさか自分が作ったものに悩まされるとは想像すらしないだろう。
1,000通、10,000通、それ以上の数を送りつけた日には、
まとめてはね返ってくるのだから、そのダメージは計り知れない。
「世の中に蔓延するウイルスなどを全て駆逐したい」
そう意気込む関係者の最大の夢は、戦争をなくすこと。
「戦闘兵器を使用した側に、瞬時にその威力を突っ返すことができないかと
あれこれ考えをめぐらすのです」
平和が先か、人類滅亡が先か、
戦争をなくす「反撃ミラーボム」の開発に期待したい。
あらいさとる * 戯作 * 23:03 * comments(0) * trackbacks(0)

SPS

2004年12月12日(日)ソニー・コンピュータエンタテインメントから
PSP(プレイステーション・ポータブル)が全国一斉に発売される。
先発のニンテンドーDS(任天堂)はUSAでの反響が大きく、
手に入れることのできない人が数多くいたという。
しかし今回のPSPはDSを凌ぐのではないかと思われる。
ブームさえ巻き起こりそうな気がしてならない。

さてPSPの話題で席巻されそうなゲーム業界ではあるが、
陰でこっそり発売されるゲーム機がある。
その名もSPS(スーパー・ポータブルステーション)だ。
こちらは12月21日発売。
そのデザインはPSPのもろパクリで、見た目は全く変わらない。
ただPSPを超える機能が加わるとあって、
早くも裏業界に通じた人々の興味をかきたてている。
高画質の迫力あるゲームができること、静止画や動画を楽しめ、
音楽も聴けるのはもちろんだが、
メールやインターネットの通信機能がそなわっている
(シート型キーボードは別売)。
それだけではない。テレビにもラジオにもデジカメにも
デジタルビデオカメラにもなるというから驚きだ。

変り種の機能としては、
本体を両手で握り締めることで体脂肪が計測できる。
“ダイエットプログラム”というソフトを起動させると、
無理なくやせる計画がたてられるのだ。
カロリー計算もお手のもの。食べた食品を打ち込むだけで、
翌日の理想のメニューモデルまで紹介してくれるという。
それから別売りの“バイセクルキット”を使えば、
GPS搭載の自転車用カーナビにもなる。
防水加工されているため、急な雨降りにも対応できるのがうれしい。
あと携帯電話を使用する際に、お互いの顔を見て話したいときにも便利だ。
このSPSがテレビ電話のモニターとして使えるのだ。

これら多彩な機能満載のSPSは、
もはやゲーム機の領域を超えたマルチメディアといえるだろう。
ただこれがどこで売っているのかは、全くもってわからない。
私が知っているのはここまでなのだ。
あらいさとる * 戯作 * 23:34 * comments(3) * trackbacks(0)
このページの先頭へ