スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ディープスカイ「凱旋門賞」消滅

ウオッカ不在の宝塚記念で、断然の一番人気に応える走りを見せてくれると思ったディープスカイ。まさかの敗北を喫するとは。これで「凱旋門賞」の夢は消滅した(毎日jp)。

現在の競馬界では、ウオッカの次に強い馬だと思っていただけに残念な結果だ。東京競馬場でないとその強さを際立たせることはできないのかな。東京専門馬でしかなかったら他馬より強いとは言い難いよなあ。じつはほとんど東京しか出走しないウオッカも東京専門馬だった、というオチだったりして。

ディープスカイに残念という割に、戦前には三番手にしか評価していなかった自分。だけど本当に三番手になるとはね。あとはカンパニーとアルナスラインが来ればよかったのだが・・・・・・。

宝塚記念はDS的にも馬券的にも残念だったが、自分の馬券自体の調子は悪くないのでよしとしよう。
あらいさとる * 競馬 * 21:26 * comments(0) * trackbacks(0)

第39回高松宮記念

春競馬G1がいよいよ始まる。本日は春のスプリンター王の決定戦。

重賞で惜敗する姿の印象が強いローレルゲレイロ(藤田騎手)がまさかの優勝。

快速自慢の駿馬たちが先を競う中、ハナを譲らず先頭を突っ走るゲレイロは、秋のスプリンター王であるスリープレスナイトに、ゴール前で一旦差されるが、それを差し返すあたりは見事な走りだった。

そういえば期待されながらG1に縁遠かった父キングヘイローは、この高松宮記念でようやくG1制覇を果たしたっけ。

スリープレスナイトはあると思ったけど、ローレルゲレイロは買ってなかったなあ。キンシャノキセキとファイングレイはどうしたんだろう。10着とブービーとはね。。。
あらいさとる * 競馬 * 21:36 * comments(2) * trackbacks(0)

買い間違え

第28回ジャパンカップはディープスカイから狙ってみた。ウオッカも少々。スクリーンヒーローも単勝で押さえようと考えた。しかし間違って隣のアサクサキングスを買ってしまった! 

優勝したのはまさかのスクリーンヒーロー。やってしまった・・・・・・。あぁ、もったいない。

メイショウサムソンは3連複と3着付けの3連単にしたが、6着。だけど、鞍上石橋の映像はいいもんだと改めて思った。有馬記念で奇跡の復活を見せることはできるのか。
あらいさとる * 競馬 * 23:07 * comments(0) * trackbacks(0)

サムソンは買いづらい

明日開催のジャパンカップには、メイショウサムソンと一年半ぶりのコンビを組む石橋守騎手が出走する。

これで勝ってくれたらとつい思ってしまう。しかしピークをすぎた馬なのでよくて三着かな。好メンバーなので馬券対象外かもしれないな。
あらいさとる * 競馬 * 23:22 * comments(0) * trackbacks(0)

サムソン石橋コンビ復活

まず今日はグッドフロマージュ(ペリエ騎手)に感謝! もう、本当にありがとうの気持ちでいっぱいだ。ちなみにフロマージュとはフランス語でチーズのこと。フランス人が乗っただけあった。グッジョブ!

さて。

メイショウサムソンに石橋守騎手が再び手綱をとることになった。このコンビ復活は前から願っていたので、すごくうれしい。

競馬ファンというのは、名コンビの走りに期待したくなるもの。無名の騎手がある馬との出会いから勝ち名乗りをあげていくと、人馬一体ともいえるその走りは輝かしく、見る者に心地よさを与える。それはレース結果だけではない、ドラマが幾重にも見えることに醍醐味をおぼえるからだろう。語り継がれるだろう、このコンビの復活を待ち望んだファンは決して少なくないはずだ。

できればドリームパスポートも高田潤騎手で参戦してほしかった。こちらは高田に再び戻ることはなく、ドリームパスポートは引退。良きライバルの分までメイショウサムソンには頑張ってほしい。

今週のジャパンカップ(G1)が非常に楽しみだ。ウオッカやディープスカイ、オウケンブルースリが有力なんだろうけど、応援するぞ。
あらいさとる * 競馬 * 20:53 * comments(0) * trackbacks(0)

負けて強し

東京競馬場で開催された第138回天皇賞(秋)は、凄まじいレースだった。

レコード(1:57.2)で勝ったウオッカ(武豊)もスゴイが、七ヶ月休養明けからレースに臨んだダイワスカーレット(安藤勝)の強さには本当に驚かされた。結局ウオッカの二着だったが、その差はハナ差。たったの2センチだったらしい。

ダイワスカーレットが淀みのない流れで、初めての府中を1000メートル58.7秒で逃げた。逃げ馬にはきついペースだが、残り1000メートルを58.5秒で駆け抜けた。しかも府中の最後の直線には坂があるというのに。なんて馬なんだ!

半世紀ぶりの牝馬同士の決着。とてもいいレースが見れたことに今だ興奮が冷めやらない。

天皇賞 ウオッカが鼻差で優勝
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=655436&media_id=2
あらいさとる * 競馬 * 20:55 * comments(0) * trackbacks(0)

安田記念 ウオッカ強し

安田記念の前のレースが、安田記念と同じ芝1600メートル。ここで勝ったのが、先行抜け出しでゴールしたターントゥ系の馬。安田もこれかな? ウオッカが先行すれば可能性は高い、と思った。

今年の安田記念は先行する馬が少ない。となると先行馬有利ではないかと。逃げ馬コンゴーリキシオー、香港の先行馬アルマダ、そしてウオッカ。この三頭の馬連ボックスで勝負。

結果は、ウオッカが強いレースをして優勝。2着はマイル連対率100パーセントの先行馬アルマダ。3着のエーシンドーバーには驚いたけど。
あらいさとる * 競馬 * 23:04 * comments(0) * trackbacks(0)

ディープといえば

世間的には金子オーナーの「ディープインパクト」か。

でも「ディープ」という冠名なら、それは深見オーナー所有の馬。

本日、第75回日本ダービー(東京優駿/G1)で優勝したディープスカイがそうだ。NHKマイルカップ(G1)を優勝した馬が、勢いそのままに3歳馬の頂点に立った。

デビューして11戦目がダービーというのが気がかりで、疲れがそろそろ出る頃、と思っていたが、何のことはなく絶好調の証とばかり、府中のゴールまでの長い直線を大外から力強く駆け抜けた。

これから「ディープ」といえば、「ディープスカイ」という時代がやって来るのだろうか。
あらいさとる * 競馬 * 23:43 * comments(0) * trackbacks(0)

今年のG1傾向

今年の中央競馬G1(Jpn1含む)

 [フェブラリーステークス]  優勝 ヴァーミリアン 武豊
 [高松宮記念]  優勝 ファイングレイン 幸英明
 [桜花賞]  優勝 レジネッタ 小牧太
 [皐月賞]  優勝 キャプテントゥーレ 川田将雅
 [天皇賞(春)]  優勝 アドマイヤジュピタ 岩田康誠
 [NHKマイルカップ]  優勝 ディープスカイ 四位洋文
 [ヴィクトリアマイル]  優勝 エイジアンウインズ 藤田伸二
 [優駿牝馬(オークス)]  優勝 トールポピー 池添謙一
 [東京優駿(日本ダービー)]  優勝 ? ?  

栗東(関西)所属の騎手しか優勝していない。しかも一人一回だけ。
となると、今週末開催されるダービーも栗東所属か。
しかも今年まだG1を制していない騎手。

ダービーに騎乗予定があるのは安藤勝、福永、赤木、和田、藤岡祐。
この中から今年のダービージョッキーが誕生するかもしれない。
本命はレインボーペガサスの安藤勝。穴でおもしろそうなのは赤木か。
あらいさとる * 競馬 * 22:46 * comments(0) * trackbacks(0)

次はフレンチデピュティ産駒か

ただいま中央競馬は春のG1シーズン真っ盛り。成績はそこそこ。

ここで偶然ともいえるある傾向が。4月からは、桜花賞→皐月賞→天皇賞(春)→NHKマイルカップと続いているが、この勝ち馬の父親に注目したい。

フレンチデピュティ→アグネスタキオン→フレンチデピュティ→アグネスタキオン、となっている。かつての人気種牡馬サンデーサイレンスならいざ知れず、数ある種牡馬のうち、この二頭だけが交互に続いている。

となると、今週末のヴィクトリアマイルはフレンチデピュティ産駒か。随分テキトーな予想ではあるが意外と侮れないのだ。

フレンチデピュティ産駒唯一の出走馬はピンクカメオ。近走不振が続くが、NHKマイルカップの優勝馬である。ヴィクトリアマイルはNHKマイルカップと同じコースで、同じ距離。しかも騎手も同じ。今回も人気になりそうにない。また久々にやってくれるかな。
あらいさとる * 競馬 * 23:50 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ